hh

作品7:
織部舟形向付です。透明釉として自作の梨灰釉を、織部釉としてそれに酸化銅を添加したものを用いました。
土は信楽の並こしで、酸化焼成。ベンガラで奥内側面には3尾のタツノオトシゴ、向かいの内側面にはアカクラゲ、海亀の左右には流水紋、外側面には波頭を描いたつもりでしたが、自作釉がとても流れやすいために、絵柄が滲んで判然としません。残念ながら失敗作です。

そのままお蔵入りも忍びないので、一度は使ってやろうと、カツオの刺身を盛ってみました。失敗作とはいえ、それなりに様になっていました。
意図した訳ではありませんが、両側の織部釉の部分がまるで大葉(青シソ)のようです。作品としては不出来でも、器としては何とかなる場合があるようで、そこが器使いの不思議なところ。

作品6:
呉須絵湯飲です。呉須で下絵を描き、自作の梨灰釉を掛けました。この釉がとても流れやすいので、安南写と呼ばれる焼き物のように、釉が呉須を引きずって、滲むことを期待していました。しかし、予想を遥かに超えて滲み、描いた図柄とは似ても似つかない中国桂林の山々のような、不思議な景色が現れました。

作品5:
辻清明作百合形向付を参考にしましたが、清明作の花弁は5弁のところ、本作は6弁としました。土は信楽の並こし、釉薬は白マットで、酸化焼成です。

トロ茄子とセミドライトマトの和え物を盛りつけてみました。

作品4:
半端な量の粘土が残ったりしたら、箸置きを作ります。1個当たり10~20gの粘土しか必要ありませんから。
箸置きの長さは出来上がり6cm内外が適当かと思います。収縮率を考慮すると、型は7cm程度となります。型作りの手順は以下のとおり。
粘土で原型を作る⇒焼石膏で型を取る⇒1週間以上乾燥させる

箱に納めて差し上げると、喜ばれます。

作品3:
薪ストーブの木灰で釉薬を自作。その試し焼き(還元焼成)です。釉薬が濃かったためか、想定とは異なって白濁してしまいましたが、怪我の功名で、何か不思議な色合となりました。
マイワシの鞍馬煮(山椒煮)を盛り付けてみました。

 

作品2:
オオオニバスをイメージした中皿(8寸)。葉脈は、白化粧土のスポイト描き(イッチン)。織部釉をやや薄目に吹き付けました。ヒラソウダガツオのタタキ(焼き切り)を盛り付けてみました。

竹すだれを敷けば、蕎麦皿としても使えます。

作品1:
古染付風の貝形向付。白志野土の型打ち成型で、石膏型は自作。古代呉須で下絵を描き、石灰透明釉を掛けました。ご愛敬で、ヤドカリと小さなイソギンチャク(右上)を描いてます。裏は三つ足になっています。

 

千葉県産イナダの刺身を盛り付けてみました。